こんばんは。kazuです。

HPのフォントを切り替えたのでそっち関係のお話を少し。

 

なぜ僕が偉そうにこんなデザインのお話を語っているかというところは

なんとなく察して頂けると助かります。

 

WEBやグラフィックのデザインをするうえでフォントはとっても大事です。

文字の大きさ、行間、文字間など、シンプルなデザインになるほどフォントは重要になってきます。

 

フォントの中にも色々と種類がありますが

おそらく一般的にWordやExcelしか使わない方は

ざっくりゴシック体と明朝体がある、くらいの認識しか選び方の基準がないのではと思います。

普段からphotoshop、Illustratorを使われる方はまた別として。

 

音楽で例えるとスピーカーやヘッドホンによって音の聞こえ方が違うように

フォントも同じゴシック体でもそれぞれ文字の形がまったく違います。

 

どういうことかというと。。

比較用にフォントをいくつか用意しました。全てゴシック体(sans serif)です。

(※ざっくり言うと普通のゴシック体はサンセリフといい、明朝的なやつはセリフといいます)

 

テキスト本文に使えるおしゃれめフォント5選!

 

1.ヒラギノ角ゴシック

 

 

まずはこちら。

ヒラギノ角ゴシックです。mac、iOSの標準フォントですね。

可読性が高く綺麗&おしゃれなフォントですが少しぼてっとしています。

Dの丸みも少し四角くてうーん。という感じ。

ですが全体的に全く癖がないので迷ったらこれ。という感もありますね。

 

2.モリサワ UD新ゴ PRO

 

 

フォント業界の重鎮モリサワさんのUD 新ゴです。

このフォント自体はとても有名です。

新ゴとUD新ゴというのがあり、UDがついていない方はとっても癖が強いです。

好きな人は好きですが僕はあまり好みではないです。

この癖をなんと表現すればいいかわからないですが、この書体をみると新ゴだ!とわかるくらい癖がつよい。そんなフォントです。

 

3.Franklin Gothic

 

 

今一緒にお仕事させて頂いているデザイナーさんが

ご所望されたフォントです。

形的には有名どころだとUniverseというフォントとかに近いです。

こちらのサンプル画像はどのフォントも同じ級数ですが

Franklinは横幅が狭いので少し小さく見える印象ですね。

小さいサイズで使用すると割とおしゃれに見えるのでおすすめです。

 

4.ingra

 

 

今日初めて見つけたフォント。

この大文字の「D」が綺麗すぎる。どストライク!

癖もあまりないのでかなりおすすめです。あと名前がなんかかっこよいです。

丸みもあってまっすぐな尖り具合も少しありますね。横幅も細いのでGOOD。

 

5.Acumin pro

 

 

今回採用したフォント。

先ほどのingraとの違いがわかりますでしょうか。

Dやvなどはほぼ見た目が同じですが見ていただきたいのが「cやeやs」の曲線。

ingraより丸いですね。

どちらかというとingraに比べてヒラギノのような「綺麗な文字」です。

ここでいう綺麗とは見栄えがいいという意味ではなく、教科書的な綺麗さです。

適度に横幅も狭く、丸みがあり、癖がない。

上のほうにある新ゴと比べるととても読みやすいのではないでしょうか。

 

上記のフォントどうやって使うん。買わないとあかんの?

という疑問は次の更新で解消しますんで待ってくださいね。

 

 

余談「デザインとフォント」

テキスト本文において「パッと一瞬見たとき」になんて書いてあるかの、認識のさせやすさはとっても重要です。

今はブログもスマホなどでサーッと読み進めてしまう時代です。

そこでスクロールしながら流し読みされた時、読みにくい文字だと伝えたいことも伝えられませんよね。

 

僕はデザインを語れるほどのデザイナーではないですが、

デザインは感覚でやるものではなく、設計なのです。

考えられずに作られているデザインは、デザインではなくアートですよねたぶん。

 

なんとなくこのレイアウトにした、なんとなくこの色にした、では通じない世界。

なぜこのデザインにしたのか、には必ず意味があるのです。

 

全然非デザイナー向けじゃない話をしている気がしますが

実際にデザインを作ってみて、昔よくつっこまれていたのが

「なぜこのデザインにしたの?」という言葉でした。

当時はバカだったのでなんとなくかっこいいから、とか理由をつけてましたが

今になって思うのは、どんなものでも

考えずに適当に作ったものには価値なんてない

ということです。

 

 

精巧に計算されて作られたものにこそ価値があるんですよね。

だから将来コーダーやプログラマーの仕事がなくなっても

デザインの仕事はなくならないだろうと言われています。ウチのとこでは。

デザインにはそれくらい考える頭とセンスがいるからだと思います。

 

WIXのようなホームページ簡単生成ツールがいくら出てこようとも

構成を考えられる頭がなければ成り立たないということですね。

いうなれば唯のハリボテです。

 

というかWIXはCMとかもダサいし嫌悪感しか抱かないので

絶滅してほしい今日このごろ。

 

tumblrは許す。あれはSNSもどきだから。

 

httpss://twitter.com/kazu_david