こんにちは、コンポーザーのkazuです。

僕以外にこのブログを書く予定があるか定かではないのですが、日記的な感じで書いてみようと思います。

いつか誰かの目に止まることを信じて。(交流のある作曲者さんとか絵師さんプレイヤーさんとか)

 

詳しいことは後々宣伝とかあると思うのですが、

ボカロコンピ?のCDに曲を収録して頂くことができました。

 

そしてその納期が今日でした。

ツイッターで他の参加者さんとかを見ていると締め切り〜とかつぶやいていらっしゃったのはこのことだったのでしょうか。

 

今までゆっくり、というかダラダラと音楽活動を学生時代より続けてきた僕でしたが今回しっかり納期の決まった企画に着手して、制作開始から納期まで約1ヶ月はあったもののやはり不安がつきまとった1ヶ月でした。

前バンドの名残りから複数人で曲を作っているのでスケジュールもなかなかシビアでしたが、信頼できるメンバーのおかげでかなりクオリティの高い楽曲が作れたと思います。

 

ほんとにたくさんの人に聞いてほしいです。

アーティストなら誰しもが口を揃えて言う言葉だと思いますが

自分たちの作った曲で感動とか共感とかしてくれたらそれが一番いいことです。

その思いだけで音楽活動をしているわけじゃないけどそれが原動力になるのは確かなのです。

 

今回作った曲はいつもより少しキツめのロックなのですが

とにかくドラムとベースがかっこいいです。

ドラムは前バンドからのメンバーでありアレンジャーの溝渕くんが編集してくれていて、いつもは僕が口出しして自分好みにしてしまうのですが、今回は彼にほぼ丸投げして二人の個性がいい感じに絡み合った曲に仕上がりました。

一人より二人の個性があったほうがいい曲になることを信じてこの曲を送り出します。「another blue」という曲です。

 

曲についてはCDが正式に世に出てからしっかり語れたらと思います。